考える学習をすすめる会

                                    


 目からウロコの数学講座


   「計算や基本問題はいいけど、『文章題』になるとさっぱり・・・」
  「自分で方程式なんか作れないよ・・・」
 というあなたへ


         方程式の文章題解法
    
                                              城内 貴夫・著

B5版 第1講座(中1) 50ページ 定  価 1,500円
第2講座(中2) 47ページ 定  価 1,500円
第3講座(中3) 42ページ 定  価 1,500円
                       第1〜第3セット 全139ページ サービス価格 4,000円



  第1講座(中1)<さあ、実践>の(2)までは無料ダウンロードテキスト図書館からDLできます。


 目からウロコの数学講座 方程式の文章題解法-第1講座

内 容 : < 入 門 >   @ 一次方程式例題 
           A 割合の話
<さあ、実践> (1) 入門一般問題
           (2) 単純な割合の問題
           (3) 速さの問題
(4) 濃度の問題
(5) 利益の問題
(6) 入試に出たやや難問題
 



    




 仕 様 : B5版 オールカラー 50ページ
 形 式 : PDF形式の電子書籍
 価 格 : 1,500円
            以下、改良のため、テキストの仕様・価格は予告なく変更させていただく場合があります。

                                              

 目からウロコの数学講座 方程式の文章題解法-第2講座
 
内 容 : .計算・数に関する問題
2.金銭に関する問題         
.利益の問題
4.時間・距離・速さの問題          
5.食塩水の濃度の問題         
6.料金に関する問題
7.入試に出たいろいろな問題




            

                       


 仕 様 : B5版 オールカラー 47ページ
 形 式 : PDF形式の電子書籍
 価 格 : 1,500円


 目からウロコの数学講座 方程式の文章題解法-第3講座
 
内 容 : .計算・数に関する問題
2.売買に関する問題         
3.面積・体積の問題
4.規則性の問題          
5.入試に出たいろいろな問題         


           




 仕 様 : B5版 オールカラー 42ページ
 形 式 : PDF形式の電子書籍
 価 格 : 1,500円

                       
 目からウロコの数学講座 方程式の文章題解法<中1〜中3セット>

 仕 様:B5版 オールカラー 全139ページ
 形 式:PDF形式の電子書籍
 価 格:4,000円(サービス価格)
                                       
                      *テキストの購入方法

 @ 上の「買い物カゴに入れる」をクリック(この時点ではまだご注文いただいたことにはなり
     ません)


 A 他のテキストを合わせてご購入される場合、「トップページへもどる」をクリック
    し、商品をお選びください。

 B お買い物が終わりましたら、「注文画面へ進む」をクリックし、必要事項をご記入
    の上、送信してください。
    スグに、ダウンロードページのURLと、暗証番号をお送りします。

 *料金は安心の後払い。ご注文後、1週間以内に指定口座にお振込みください。
 
  


■筆者−城内貴夫からのメッセージ

本書はどんな人も「方程式の文章題を解く達人」に変えてしまうために書きました。

「方程式の文章題が苦手!」があとを絶ちません。なぜ?
それは苦手と言う人ほど得意になろうとしないからです。
「???」

言い換えれば、たいして難しい問題なんか無い中学数学の方程式ていどに、やるべき準備(=お膳立て)をしないでいきなり式を立てようという無茶な試みをするからです。

私は断言します。「目からウロコの数学講座・中学関数」のように、私の言うとおりにやってみなさい。そうすれば誰でも方程式の文章題は『得点源』になります!」…って。

では、どうすればよいのか?
「方程式の文章題を克服する方法は、ただ図をかき、書き出しをすればよい!」のです!


「第1講座」では、『割合』を中心に、一次方程式に絞っています。図・書き出しによる問題文の分析の要領を、細かく見本を示してコーチしています。

「第2講座」では連立方程式を。未知数を2つまで増やせるため、問題が複雑になることが多く、「図・書き出しによる問題文の分析」の必要性は更に高まります。

「第3講座」では二次方程式を扱います。が、どのような方程式であれ、式をつくるまでの手順は同じなのです。ここでは、「式をつくったら二次方程式になっていた!」というだけのことです。


このテキストで、「ウロコ流=何でも単純化して考える手法」の極意を身につけてください!!