考える学習をすすめる会

                                    


 目からウロコの英語講座

   なぜ?からわかる英語入門 初級版

                                  城内 貴夫・著  B5版 37ページ 1,200円
                              

  商品ファイルをマイナーチェンジしました! 表紙を一新。レイアウトもより読みやすくなってい
  ます。以前ご購入下さった方は,ご注文メールのダウンロードページと同じURLより,マイナー
  チェンジ版がダウンロードできます


 
中学生の皆さん、 
 単語だけ覚えていても、問題集を解いていても、
 英語はできるようになりません!


 
できるようになるためには、ほんの少しの工夫が必要です。
 その工夫とは、英語を勉強するときに「なぜ」と考えることです。
 「なぜ」がわかれば、半分の勉強時間で、英語が得意になるのです。
 残念ながら、この方法は学校や普通の参考書で教えていないため、
 ほとんどの中学生が大切な時間をムダにしています。


 
「なぜ?からわかる英語入門 初級版」では、学校で教えてくれないあな
 たの素朴な疑問がすべて解決できます。


 教室で、実際に300名以上の塾生が使って「とても役に立った」と評判の
 テキストです。

                       目  次

  ★ 英語の語順のなぜ? 英語の語順のなぜ?に迫る!
  ★ 英語の語順のなぜ? 文の種類と語順のなぜ?に迫る!
  ★ 英語の語順のなぜ? 修飾語のなぜ?に迫る!
  ★ 英語の語順のなぜ?  人称ってなんだ? 代名詞ってなんだ?
  ★ 英語の語順のなぜ? 5W1Hを自由自在に!


    「語順の話(1)・(2)」は無料ダウンロードテキスト図書館からDLできます。


 書 名:「なぜからわかる英語入門-初級版」
 仕 様:B5版 オールカラー 37ページ
 形 式:PDF形式の電子書籍
 対 象:中1以上
 価 格:1,200円
  
              改良のため、テキストの仕様・価格は予告なく変更させていただく場合があります。


 
                    

 *テキストの購入方法

 @ 上の「買い物カゴに入れる」をクリック(この時点ではまだご注文いただいたことにはなり
     ません)


 A 他のテキストを合わせてご購入される場合、「トップページへもどる」をクリック
    し、商品をお選びください。

 B お買い物が終わりましたら、「注文画面へ進む」をクリックし、必要事項をご記入
    の上、送信してください。
    スグに、ダウンロードページのURLと、暗証番号をお送りします。

 *料金は安心の後払い。ご注文後、1週間以内に指定口座にお振込みください。

 


      テキスト作者 城内貴夫からのメッセージ

  なぜ?からわかる英語入門〔初級版〕は、もっぱら中1生範囲の英語
 が終了した時点での基本的文法事項を、鳥瞰図*的(ちょうかんずてき)
 な視点から見渡すことができるようにするために書き下ろしました。

  *鳥瞰図:鳥が空高くから見るように、全体をながめること。

  「現在進行形」だけは外してあります。
 これはその仕組みを理屈で説明しようとすると、「現在分詞が動詞変化
 の中でどこに位置するか」までいかざるを得ないので、なぜ?からわか
 る英語入門〔中級版〕(→中2〜高1初歩レベル対応)にまわしてありま
 す。

  私がこれまでの指導経験で感じていたことは、「文法」について英語
 学習者(生徒)は、
 @「まったく気にしない」か、
 A「気にしても単なる知識としてしか受け止めない」
 のどちらかであることが多すぎる、ということです。

  また、そうさせてしまう原因は解説する側にもあったと思うのです。
 それは、これまでの文法書が、文法事項を何でも「決まりだ」・「約束事
 だ」で押しつけてきて、「なんでそのような『決まり・約束事』になった
 の?」という学習者の素朴な好奇心を何も満たしてくれないものだったこ
 とにあると私は考えます。

  私自身も中学・高校時代は英語で苦しみました。
 
「なんで?」を英語の先生たちにぶつけても、必ず「規則だ! 覚え
 ろ!!」でかたずけられてしまった
からです。

  でも、「決まりや規則」はそうしないと具合が悪い何かの理由があった
 はずです。

  昔の私にはそれを解く力はありませんでした。でも、英語を「数学的
 な視点(型)」や「その底流に流れる英語人の心の視点」から見直したら、

 ある時パ〜と目の前が明るくなりました。「そうだったのか!」、あ
 の時のうれしさは今でも忘れません


  「その喜びを生徒と分かち合いたい」。そんな気持ちで書いたのが「な
 ぜ?からわかる英語入門」2部作です。

  文法は、普段英語を話しているわけではない私たちが、英語を効率的
 に学ぶ1つの武器・道具でなければなりません。
  知識として覚えるものではなく、英文を読む・書くときに武器として
 使うためにあるはずです。
  「英文のほかに文法まで覚えるの?」ではなく
文法を知ったから英
 文をラクに読めるようになった
、ラクに書けるようになった」でなけ
 ればなりません。

  「
使える文法」が私の願いです。