考える学習をすすめる会

                                    


     目からウロコの数学講座


     トップレベルの「数学的感性」が身につく理想のテキスト!


     新課程対応版が,パワーアップして再登場!!


         驚きの計算ミスゼロ作戦
    
                                              城内 貴夫・著

B5版 中1 64ページ 定  価  1,600円
中2 60ページ 定  価  1,600円
中3 77ページ 特  価  1,600円
                       中1〜中3セット 全201ページ サービス価格  4,000円
 

         <中学1年>の一部は無料ダウンロードテキスト図書館からDLできます。


 驚きの計算ミスゼロ作戦<中学1年> 赤文字は,増補部分です

 内 容:正の数・負の数の計算,文字の式,一元一次方程式,比例・反比例,平面図形・
      空間図形(面積・体積),資料の活用近似値

 仕 様:B5版 オールカラー 全64ページ(本編61ページ)
 形 式:PDF形式の電子書籍
 価 格:1,600円    以下、改良のため、テキストの仕様・価格は予告なく変更させていただく場合があります。

                       


 驚きの計算ミスゼロ作戦<中学2年>

 内 容:式の計算、連立方程式、図形関係の計算(平行線・三角形),確率
 仕 様:B5版 オールカラー 全60ページ(本編57ページ)
 形 式:PDF形式の電子書籍
 価 格:1,600円

                       


 驚きの計算ミスゼロ作戦<中学3年>

 内 容:式の展開・因数分解、平方根、二次方程式、円周角の定理図形と相似
      三平方の定理

 仕 様:B5版 オールカラー 77ページ(本編74ページ)
 形 式:PDF形式の電子書籍
 価 格:1,600円(特別価格)

                       


 驚きの計算ミスゼロ作戦<中1〜中3セット>

 仕 様:B5版 オールカラー 全201ページ
 形 式:PDF形式の電子書籍
 価 格:4,000円(サービス価格)

                       
                     
 *テキストの購入方法

 @ 上の「買い物カゴに入れる」をクリック(この時点ではまだご注文いただいたことにはなり
     ません)


 A 他のテキストを合わせてご購入される場合、「トップページへもどる」をクリック
    し、商品をお選びください。

 B お買い物が終わりましたら、「注文画面へ進む」をクリックし、必要事項をご記入
    の上、送信してください。
    スグに、ダウンロードページのURLと、暗証番号をお送りします。

 *料金は安心の後払い。ご注文後、1週間以内に指定口座にお振込みください。
 


 筆者−城内貴夫からのメッセージ


なぜ「計算ミス」が多発するのか?


 「驚きの計算ミスゼロ作戦」という、とんでもないタイトルの教材を執筆するきっかけとなったの
は、考える学習をすすめる会のホームページにある勉強応援掲示板に寄せられる数学の相談
事で、

「どうしたら計算ミスをなくすことができるのか?」

という質問が多いことからでした。

 ところが、私から見ると計算ミスというのはめったに起こるものではありません。

 ミスというのは、例えば疲れているとき、あるいは上の空で計算していて、
 2×3=5とやってしまったような場合です。冷静なときなら2×3=6ですね。

 このようなとき以外はそれはミスではなく、あなた自身の注意力不足というよりは数学的感性
の不足、端的に言えば「実力不足」なのです。まず素直にこのことを認めましょう。

「−(マイナス)をつけ忘れた」
→頭の中にはプラスの数しかない人の言い訳


「(カッコ)をつけ忘れた」
→(  )の意味なんか考えたことない人。飾りなの?


「移項するとき符号を変え忘れた」
→移項の意味がわかっていない人


「円の面積ってπr2だったっけ? 2πrだったっけ?」
→「面積」って何かわかっていない人


 数学は、徹底した理屈と書き方の約束事で成り立っています。

 それなら、理屈とは何か? それは感性で感じたことを正しいか正しくないかを実証する手段
です。

 何も感じなければ、気づかない。気づかなければ実証(証明)の対象にすらあがってこない。

 だから、数学で一番大切なことはまず「感じること」でしょう。
 本シリーズは、「計算『ミス』」という言い方を許さなくするために、すなわち

 計算『ミス』をゼロにするにはどうすれば良いのか

をわかっていただくために書かれました。

しっかり「感じる計算」をできるようにしましょう。


 城内貴夫